株式会社アイディーエス

コンタクト
-Contact-

サポートソリューション

ROI(投資対効果)の最大化に向け、投資したITシステムをフル活用するための運用および保守のサービスをご提供し、システム活用をサポートします。

サポートソリューションの特長

当社が開発したお客様のシステム、および当社が開発していないお客様のシステムまで運用、保守サービスをご提供します。
一般的に年間保守料金は、システム開発費の15%程度と言われます。
この金額はあくまで目安であるため、金額に対する根拠の曖昧さを排除し、可能な限りメニュー化しました。
メニューは、あらゆるケースに対応できる完全なものではありません。様々なお客様の要件、要望に対応するべく、柔軟に対応いたします。

当社は、保守分類、保守範囲、保守作業を明確にし、お客様に必要なサービス、サービス内容をご提案をいたします。
現在の運用、保守サービスからの切替えにも対応いたします。

サポートソリューションの提供サービス

曖昧さの排除 【その1 言葉の定義】

「運用」と「保守」を定義することで、共通認識と共通言語とします。

「運用」・・・システムを日々動かしていく作業を指し、対象システムの変更作業は行いません。
「保守」・・・対象システムを改善・変更する作業と定義します。依頼を元に発生する作業、障害検知を元に発生する作業を指します。
「インシデント」・・・ITサービスの計画外の中断や品質低下のことを指します。システムの仕様、使い方などの問合せ、ソフトウェアのバージョンアップや障害などすべてがインシデントになります。

曖昧さの排除【その2 サービスメニュー】

曖昧さの排除 【その3 お客様要件にあったメニューを組合せ】

フルマネージドの運用、保守とセキュリティの強化から各メニューを組合せることで様々なお客様の要件にあったサービスを提供します。各メニューから必要な内容を選択することでカスタマイズされたサポートサービスを作成します。
お客様が選択したメニューに応じて契約を締結いたします。例外的に発生した契約外のインシデントに対しては、スポットでサービスをご提供させていただきます。発生頻度に応じて基本契約に組み込むメニューを選択いただいたとしましても、安心のサービスをご提供します。

運用メニュー

システム監視

対象のサーバーを24時間、365日自動監視します。監視することで、障害の予兆、障害発生に対する迅速な認知ができ、リスクを最小限にします。

No. 監視項目 アラート定義
1 基本 システムの死活監視 Downしたとき
2 システムの再起動監視 再起動が実施されたとき
3 プロセス監視 Downしたとき
4 CPU監視 CPUの使用率 閾値を超えたとき
5 メモリ監視 メモリの使用率 閾値を超えたとき
6 ディスク監視 ファイルシステム容量 閾値を超えたとき
7 ファイル監視 ファイルサイズ 閾値を超えたとき
8 ネットワーク監視 PING監視 Downしたとき
9 サービス監視 ポート死活 Downしたとき
10 Web監視 URL死活 Downしたとき
11 Webパフォーマンス監視 応答時間 閾値を超えたとき
12 ログ監視 ログファイル エラーを検知したとき
  • 定義したアラートを検知した場合、事前に取り決める関係者にメール通知します。
  • ログ監視は、システムログ、イベントログ、アプリケーションログを対象に設定できます。
  • Webアプリケーションに限らず、バックヤードのバッチも監視可能です。
  • 費用は監視対象のサーバー数、監視項目の数に応じて変動します。
  • ※エージェントが必要な監視項目

バックアップ

万が一の障害発生に備え、バックアップを取得します。データーベース、アプリケーションで使用する実ファイル(例:画像ファイル、PDFファイルなど)に加え、アプリケーションファイル、ログファイルを対象にリストアポイントに応じたバックアップ、および保持期間に応じた世代管理を実施します。不要になったバックアップファイルなどハウスキーピングを実施し、サーバーの継続性を保持します。

No. 運用項目 内容 周期
1 バックアップ DB、実データなどを対象に世代管理 日次、週次、月次など
2 ログ運用 ログファイルのバックアップと世代管理 日次、週次、月次など
3 ハウスキーピング 不要となった世代ファイルの削除 日次

運用費用

月額費用(税抜き):\20,000~

戻る

保守メニュー

保守分類

JISで定義されている保守分類を元に、保守の範囲を設定します。

保守区分 概要
訂正保守

是正保守 ソフトウェア製品の引渡し後に発見された問題を訂正するために行う受身の修正
(注記)この修正によって、要求事項を満たすようにソフトウェア製品を修復する

緊急保守 是正保守実施までシステム運用を確保するための、計画外で一時的な修正
(注記)緊急保守は是正保守の一部である
予防保守 引渡し後のソフトウェア製品の潜在的な障害が運用障害になる前に発見し、是正を行うための修正
改良保守 新しい要求を満たすために既存のソフトウェア製品への修正
(注記)改良保守はソフトウェアの訂正ではない        

適応保守 引渡し後、変化した又は変化している環境において、ソフトウェア製品を使用できるように保ち続けるために実施するソフトウェア製品の修正
(備考)適応保守は、必須運用ソフトウェア製品の運用環境変化に順応するために必要な改良を提供する。これらの変更は、環境の変化に歩調を合わせて実施する必要がある
是正保守 引渡し後のソフトウェア製品の潜在的な障害が、故障として現れる前に、検出し訂正するための修正
(注記)完全化保守は、利用者のための改良、プログラム文書の改善を提供し、ソフトウェアの性能強化、保守性などのソフトウェア属性の改善に向けての記録を提供する

JIS X 0161より引用

平たく表現すると、是正保守とは、リリース後発生したインシデントへの対応になります。このうち、緊急性が高いものが緊急保守になります。予防保守は、インシデント発生前に是正する保守になります。これには保守対象システムを自学する時間を必要とし、お客様と合意した成果をご提供することになります。適応保守は、システムを構成するハードウェアやOS、ミドルウェアの変更に加え、組織や社会環境の変化も含まれます。組織構造の変更や法令、制度の変更に伴うシステムの修正が含まれます。

保守サービス提供形態

保守サービスを実施する手段を設定します。サービス提供形態によって、対応の迅速さやサービスレベルが変わってきます。

No. サービス提供形態 概要
1 常駐型 技術者をユーザーに常駐させて保守作業を行うサービス
2 訪問型 障害発生時または定期点検ごとにユーザーに訪問し保守作業を行うサービス
3 リモートメンテ型 障害発生時または定期点検時にユーザーの設置環境にリモート接続し保守作業を行うサービス
4 電話・メール型 障害の対処方法や操作方法などを電話、e-mailで回答するサービス

保守サービスレベル

インシデントが発生したときの対応レベルを3段階定義します。定義する対応レベルの即応性によって保守体制を維持し、サービスを提供します。営業時間外の対応内容、専用窓口の開設などお客様のニーズに合せたサービスレベルを設定します。

サービスレベル 障害内容 障害対応
レベル2 代替手段が存在しない、ないしは手受けへの業務切替が必要 業務停止するような大規模障害 ※お客様とご相談
レベル1 代替手段が存在するが、一部業務が停止している 業務継続が可能な代替手段が存在する ※お客様とご相談
レベル0 業務停止はしていないが、一部機能に不具合がある 一部情報に欠落もしくは不具合が
あるが再入力など業務継続が可能な代替手段が存在する
※お客様とご相談
  • ※お客様とご相談事項
  • 各サービスレベルでの弊社営業時間内外の対応方法
  • 復旧までの時間、その場合の起点の定義

保守作業

具体的な保守作業を設定します。保守契約の基本メニューとして実施する項目をお選びいただきます。

保守項目 作業内容
共通 ソース管理 ソースとソースのバージョン管理
検証環境の維持 検証環境の構築と維持
インシデント管理 インシデント情報の収集と分析、対応内容の管理
訂正保守 インシデント対応 問合せ対応、障害切り分け、および調査、障害発生連絡、暫定対応、恒久対応の実施、障害対応のデータパッチ
アプリケーション修正 障害の原因箇所の是正とリリース作業
ドキュメント保全 手順書、設計書のメンテナンス
改良保守 変更管理 仕様変更、機能追加、ミドルウェアのバージョンアップに伴う修正
外部連携テスト 他システムとの連携追加、およびテスト
画面・帳票類の修正 画面・帳票のレイアウト変更、追加

保守費用

月額費用(税抜き):\40,000~

依頼作業

保守作業に含まれない作業を定義し、設定します。発生頻度が低く保守基本メニューとして選択されなかった作業は依頼作業として承ります。

依頼作業 作業内容
マスタメンテナンス マスタへの登録・削除などの更新作業
データ抽出 DBのデータを一括抽出または抽出手順の提示
ユーザー教育 計画外のシステム利用方法の指導

依頼作業費用

月額費用(税抜き):\15,000~

機能追加開発

既存のシステムを進化させる機能の追加や強化の開発を実施します。改良保守として基本メニューに選択しなかった場合は、ニーズや状況の変化に応じた追加開発を実施いたします。ひとつの機能単位から新規開発、移行まで承ります。

追加開発費用

月額費用(税抜き):別途お見積り

  • 月額固定費を設定し、その枠内で開発を実施することも可能です。(アジャイル型)
  • 保守と別案件化したスクラッチ開発も承ります。ご相談ください。

戻る

セキュリティ強化

脆弱性対応

Webサイトを構成する各技術要素のセキュリティホール(脆弱性)を悪用し、システムの意図しない動きをさせたり、機能不全に陥らせたりする悪意ある攻撃のリスクを軽減します。攻撃を受け、不正に侵入された場合、サーバー内に保存されているデータの改ざんやデータの搾取、他のコンピューターへの不正アクセスをするための踏み台などに利用される可能性があります。

Webサイトへの攻撃の種類

公表された脆弱性に対して、IPAが定義している深刻度に応じて対応します。

深刻度(CVSS値) 対応時期
危険(7.0~10.0) 脆弱性検知から10日以内
警告(4.0~6.9) 脆弱性検知から30日以内
注意(0.0~3.9) 対応なし
  • IPAとは、独立行政法人 情報処理推進機構のことです。

WAF(Web Application Firewall)

ウェブリクエストを許可、ブロック、または監視 (カウント) するルールを設定し、ウェブアプリケーションを攻撃から保護するのを助けます。

WAF(Web Application Firewall)

Deep Security

Trend Micro社のサービスで、ウイルス対策、Webアプリケーション保護、侵入検知・防止(ホスト型IDS/IPS)、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視の機能を提供しています。

Trend Micro社のDeep Security

  • Deep Securityは、Trend Micro社の登録商標です。
  • IDS(Intrusion Detection System)とは、不正侵入検知システムのことです。
  • IPS(Intrusion Prevention System)とは、不正侵入予防システムのことです。

セキュリティ強化費用

月額費用(税抜き):\30,000~

戻る

サポートソリューションサービスへのお問い合わせ

サポートソリューションサービスへのお問い合わせは、下記よりご連絡いただけますようお願い申し上げます。
追って、担当者より連絡させていただきます。

お電話でのお問い合わせ

03-6386-8091 営業時間 10:00~18:00(土日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

下記からお問い合わせください。 お問い合わせ